Wix・WordPress・Jimdo比較一覧表

Wix・WordPress・JimdoなどCMSを選ぶ際は、利用する目的と使う人のITスキルを考慮することが大事です。

WordPressが適している事例

 

サーバーを扱うことに抵抗がなく、HTMLも書けて、ブログを毎日ガンガン書くという人ならWordPressが向いているでしょう。

 

世界シェアのもっとも高いCMSのため、サイバー攻撃の標的にされやすいのが難点。毎月必ずログインしてダッシュボードを確認し、プログラムやプラグインの更新が必要な場合は、バックアップを取って行います。

2017年は、通常の更新作業で表示崩れが起きた事例が多くありました。ですので、万が一に備えてのバックアップは必要です。

​WordPressはオープンソースで、運営管理している企業というものはありません。有志のヘビーユーザーが機能の改善にあたってくれています。ですので、自己責任で運用する必要があります。

 

Wixが適している事例

 

WordPressはハードルが高くて辛い、ウェブのスキルに自信がない、写真や動画を綺麗でかっこいいホームページにしたい、ホームページをあれこれ触って楽しみたい、そんな中小企業や小規模事業オーナー様、フリーランスのホームページに向いているのがWixです。

たとえば、グラフィックや動画を多く使ったホームページをベースに、ブログやSNSを活用しつつ、会員機能もつけたいという人なら、多機能なWixが最適です。

オンライン予約とネット通販ができるお店のホームページが欲しい、という場合にもWixなら低コストで両方が実現します。

​大規模サイトになると、Wixでは実現が難しいかもしれません。場合によっては、Drupal(ドルーパル)やa blog cmsなど、他のCMSの検討が必要なこともあります。

Jimdoが適している事例

 

ホームページのデザインは既存のものでよく、あまり作業の時間は多く取れないという人や、5点以下の品をネット通販したい、という人にはJimdoが適しているかもしれません。

マウスのクリック操作でホームページを作成するという操作感がWixに大変近いです。

Jimdoはクリックしてコンテンツのブロックを追加していくため、まったく自由な位置にコンテンツを配置できるわけではありません。そのため、小さな画像を並べて配置したりという場合に苦労することがあります。

既存のテンプレートで思うようにならない場合は、白紙の「独自レイアウト」を使えば、HTML・CSSでいちからコーディングをすることができます。


>> Jimdo機能一覧