ホームページのSEOを行う

SEOとは、検索エンジン最適化ともいい、GoogleやYahoo!などの検索エンジンでの検索結果で、自分のホームページを上位表示できるようにするための施策です。

ページ内に、「検索するのに使われるであろう」と思われるキーワードを適切に含んだ文章を掲載することが大切です。

「適切に」というのは、キーワードの詰め込みすぎは良くないということです。目安としては、100文字の中に同じキーワードが3つも4つも出てきたらNGだと思ってください。おそらく読んでいてしつこい、不自然な文章に感じると思います。

 

こういうことをすると、Googleからペナルティをくらって、検索順位が降下、あるいは圏外にされてしまうこともありえます。

同じキーワードを繰り返し使うのではなく、関連した言葉もふんだんに盛り込んだ文章で表現することが効果的です。なお、1ページあたりの文字数は、最低でも400文字は欲しいところです。2000文字、3000文字あればかなり効果的。12000文字もあればかなりSEO的には有効でしょう。

また、<title>タグや<discription>にも、キーワードを含めた文章を掲載します。単語の羅列ではなく、意味の通った文章にすることが大切です。

<title>タグや<discription>に書いたテキストは、検索結果にも表示されます。ですから、それを見た人がクリックしてみたくなるような文章にするとなお良いでしょう。<title>は30文字程度で、重要なキーワードはなるべく先頭の方に、<discription>は120文字内で書くようにしましょう。